スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDを発売します。


2014年10月29日(水)
私、山﨑マナト、6曲入りのCDを発売します。

-----------------------------------------------

表紙web

タイトル

「弦と言葉」

収録曲
1.ひとえまぶた
2.レタス
3.Waltz For Rosalie
4.花
5.Kitty
6.暖炉

定価
¥1,000,-(税込)

-----------------------------------------------

リリースに伴い、長野市INDIA Live the SKYにてCDの誕生記念音楽会を開かせていただきます。

フライヤー最終


2014年10月29日(水)
山﨑マナト 1stアルバム 「弦と言葉」 誕生記念音楽会

「宇宙でいちばんあったかい夜」

会場
長野市INDIA Live the SKY
(会場へのアクセス)

チケット
予約/当日 ¥1,000/¥1,200 (この価格でドリンクチケットが1枚付きます)

開場、開演
開場 18:00 開演 18:30

出演
山﨑マナト/イマイユウヤ(新潟)/宮川みゆき/ヤマザキユウト(新潟)/長月雨/konoka

出演者についての紹介はこちら

※当日終演後に、INDIA live the SKYフロアにて打ち上げがあります。もちろんお客様もご参加いただけます。時間は約1時間30分。
参加費は
1ドリンク+おつまみ ¥1,000,-
飲み放題+おつまみ ¥1,500,-
となります。
お時間に都合のつく方は、是非ともご参加ください。

-----------------------------------------------

以上が告知文になります。ここからはこのページを見に来てくださったあなたに向けて、私の気持ちを綴ります。

なにもかもが便利になっていく世の中。自宅から一歩も出ることなく、ほぼ何でも手に入れることができるようになりました。当然、音楽も例外ではありません。私たちは音楽をデータ化し、軽量化し、離れていても簡単に音のやりとりができるような時代を生きています。こんなに便利で効率的なことはありません。しかし、私はこの時代に純粋な抵抗感を持っています。

CDに入っているのは音のデータです。簡単に複製できます。簡単にインターネット上を移動できます。理屈の上では全くその通りです。CDにはデータ以上のものは入っていません。

しかし、私は人間であり、あなたも人間です。

人間の作った音楽が人間に届けられるとき、その2人の間を通うものは「データ」のみではないと、私は信じています。

このご時世に、アマチュアのシンガーソングライターの6曲入りのCDを買うためにチケット代とCD代を払ってくださる方に、私は「データ」だけではない「なにか」をこのCDに託してお渡しします。その「なにか」は、このCDをデータ化してインターネット上に流したものを聞いても届きません。直接、人間と人間が目を見て、同じ空気を共有したときに初めて伝わるものです。私はそれを、10/29に開かれる誕生会に来ていただいた全ての方に必ず届けます。

効率的ではない。お金もかかってしまう。それでも、私と、私の大切な仲間たちの歌を聞きにいらっしゃってください。
そして、インターネットでは伝えることのできない「なにか」をお持ち帰りください。
きっと、10/29の夜は、よく眠れる、あったかい夜になるはずです。
皆さまのご参加を、心からお待ちしております。

 2014年10月22日
 山﨑マナト

空飛ぶブタ vol.3

8/20.21に行われた、長野INDIA live the SKYと新潟GOLDEN PIGSの交歓イベント「空飛ぶブタvol.3」の模様を動画にまとめました。全てi phone 5 で撮影しましたので音質、画質ともに少々苦しい部分もありますが、この企画の楽しさを少しでもわかってもらえたらと思いながら編集しました。どうぞご覧ください。

1日目(長野編)


2日目(新潟編) 


3日目(おまけ) 

浮葉スタジオのロゴが完成しました

浮葉ラジオを聞いてくれた高校からの友達(kawausoさん)が、浮葉スタジオのロゴを作ってくれました。

ロゴ

俺のイメージを遥かに超える、とても良いロゴを作ってくれました。とっても気に入っています。

こんなふうにして、仲間がそれぞれの得意分野を生かしあえるというのは、とてもワクワクすることだと思います。
kawausoさん、本当にありがとう!!

これから浮葉スタジオはこのロゴと共に歩んでいきます。

ラジオ始めました。

ブログの更新をサボってしまいました。でも謝りません。その代わりにとても充実した日々を送っていたからです。

さっそく本題に移りますが、このたび私はインターネットラジオ番組を作ることにしました。
その名も「浮葉ラジオ」です。

私が活動している長野市というエリアには数々の魅力的なアーティストがいます。しかし、その中の何パーセントが多くの人にその存在を知られているでしょうか。実際、地元で活動しているアーティストが人目に触れる機会はほとんどありません。それは決してそのアーティストに魅力がないからではなく、ただ単純に人目に触れる道筋がないからなのだと私は思っています。

我々は普段ライブハウスなどのお店の中で演奏をするわけで、それを見ていただくにはお客様に会場まで足を運んでいただくしかありません。しかし、ライブハウスに対する一般的なイメージはおそらく「どんな場所かわからなくて行くのが少しこわい」というものではないでしょうか。私もそんなイメージを持っていました。

しかし、実際に中に入ってみるとそんなことはありません。
その日出ているアーティストの顔ぶれによって会場の雰囲気が変わることはありますが、集まっているのは音楽が好きな人ばかりです。何も恐れることはないのです。

そんなこと言葉で言われて「そっか、じゃあ怖がらずに行ってみようかな」なんて思う人は誰ひとりとして居ないということはよくわかっています。

そこで私は「動画や音声で番組を作って、ライブハウスの中身を外に居ながら見てもらえたらいいんじゃないか」と考え、「浮葉スタジオ」という番組制作団体を立ち上げました。
その団体の制作するラジオ番組を「浮葉ラジオ」と名付け、収録を開始しました。
浮葉という言葉の意味は第1回放送で説明しています。
聴いてみてください。


第1回 浮葉ラジオ←クリックして聴けます


浮葉ラジオは収録、編集が済み次第、不定期にアップしていきます。
気長にお待ちいただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

第2回 浮葉ラジオ←クリックして聴けます


現在、浮葉スタジオのロゴデザインを募集しています。
報酬をお支払いすることはできませんが、もしご提供いただける方がいらっしゃいましたら、是非連絡をいただければと思います。


浮葉スタジオに関するお問い合わせはこちらまで。

オリジナルの歌


あなたには、心から言いたいこと、発信したいことがあるかい?

俺には、ほんのわずかしかない。

例えばそれは、俺の歌を一通り聞いてもらえば伝え終わってしまうようなものだ。

大なり小なり、俺の人間性の深さは、そこまでしかない。


最近よく考えることがある。
俺は今年でもう25歳になるのに、世界のことはおろか、日本のこと、自分の住んでいる県のこと、村のこと、なにひとつとして興味が無い。気になるのは目先のこと、目に見えるものだけで、面倒な勉強や苦労はできることならば避けたいと思ってしまう。
それって、ものすごくかっこわるくて、恥ずかしいことなのにね。

少し前まではイケメンに憧れていた。二枚目で、オシャレな服を着て、痩せマッチョ体系で、スラーっとしてて。でも、そんなのは結局薄っぺらいハリボテにすぎないんだな。

25年も生きていれば、表面的なことばかり気にしている人と、そうでない人との差がかなりついてくる。どちらの人間に魅力を感じるかは人それぞれだけど、最近、俺は後者との会話が本当に楽しい。いつの間にそんなに時間が経ったの?と思うほど、会話が楽しい。

俺も、そんな人間になりたい。
(もちろん、外見を気にすることはとっても大切なことだと思う。俺が言いたいのはバランスの問題。口を開けば合コン、異性、ギャンブルの話ばかりの人には魅力を感じない)



話を戻そう。

オリジナル曲について、考えていること。

例えば原子力発電についての曲を書けと言われても、原発のことを勉強して、事実を自分の価値観のふるいにかけることをしなければ、賛成していいのか反対していいのかすらわからないだろう。そんな空っぽな人間が他人の真似をして原発の歌を作ったところで、心に響くはずがない。

本物の「オリジナル」を作りたいなら、曲を作ろうとするのではなく、幸福感、高揚感、憎しみ、苛立ち、その他たくさんの感情を「自分自身で」感じることが大切なんだろう。それがどんなにわがままで自分勝手で周りに理解されにくいことでもいい。その感情が生々しければ生々しいほど、大きければ大きいほど、歌の持つエネルギーも大きくなる。

心に響く歌は作るものじゃなくて、できてしまうものなんだな。

そう考えると、歌っていて気持ちいい歌を作るためには「本当の感情」が必要になる。
自分の身体を傷つけて、自分の心を傷つけて、自分の時間を費やして手に入れる「本当の感情」。
俺だって本当の感情はたくさん持ってるけど、その分野が少し狭い気がしている。
これからはもっと広く深く本当の感情を持てるように、未知の分野を勉強して、しっかりと悩み、怒りたい。

そこらへんに溢れかえってる、他人の受け売り、真似ごと、オシャレなだけの歌には負けないよ。

ここからは、人間力の勝負だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。